印鑑ができあがるまでの工程

  • RSS

印鑑ってどうやってつくっているのか分かりますか?
私たちが普段何気なく使っている印鑑ですが、特に手彫りの印鑑というのはどのようにしてつくられているのかあまり知らないですよね。
彫刻刀で彫るんでしょ、と思われているかもしれませんが、ただただ名前を彫っているわけではないんですよ。
手彫りの印鑑をつくるには、まず印面を綺麗にヤスリ掛けすることから始まります。
このヤスリ掛けはただ整えるというものではなく、しっかりと平らにする必要があるので非常に難しいのです。次に「朱打ち」という作業から入ります。朱墨で下地をつくります。

その後「字割り」といって文字の大きさを揃え歪まないように印面に鉛筆で割付けを行うのです。この作業は大事で、きちんと行って行いと後でバランスが崩れてしまうんだそうです。
それから印面に彫刻する文字を印材に直接文字を書きます。ここで注意するのは、当たり前ですが逆に書くということです。墨で文字を書き下地でつかった朱墨で修正を加えます。
この作業を「文字入れ」といいます。この文字入れの出来次第でそのはんこの良し悪しが決まってしまうというのですから緊張する作業です。

文字入れが終わった後に行うのが「粗彫り」です。文字の入ったはんこの事を印刀という刀で粗く彫っていくのです。彫る場所の広さなどによって印刀の太さを替えて彫っていきます。
文字入れに対していかに忠実に彫るのかでも出来上がりに差が出ます。そしてこの時点で文字入れの修正も行うのだそうです。

粗彫りが終わったら再び紙やすりで磨き、字入れをした墨を綺麗に落とします。その後再び「墨打ち」といって仕上げ作業のため墨を打つのです。そしていよいよ仕上げです。
もちろん粗彫りのままでは線もがたがたなので印鑑として使い物になりません。
仕上げ用の字刀を使って文字の形を整えます。この作業は文字と文字の形をしっかりと熟知しているという経験と刀使いを必要とする大変重要な作業です。
このようにして印鑑は手彫り作業を行う工房からたくさん生み出されていくのです。

〔オススメのWEB通販サイト〕
【ハンコヤドットコム】は、高品質の実印・ゴム印・チタン印鑑が激安価格!
品質と価格にこだわりたい方にオススメの印鑑通販専門店です。
さらに即日発送も可能!お急ぎの方も安心です。

このページの先頭へ